Running my way

2018年8月に一卵性双生児の女の子が誕生!いきなり2児の父になったへっぽこ市民ランナーが、ランに育児に奔走します!

初めての駅伝。初めてのタスキ。

722日。待ちに!待った!!はてブロメンバーによるリレマラ - 大井東京夏マラソンに参加してきました!!

 

この日のメニューは集合⇒ヨガ⇒走る!⇒ヨガ⇒飲む!です。はてブロからは3チームが出走。自分はチームZですね。メンバー紹介などはpetaさんのブログに詳しく書かれています。

 

run2die.hatenadiary.jp

 

チームZの出走順はじゃんけんでもあみだでも無く話し合いでpetaさん⇒えいさん⇒自分⇒びあーさん⇒全力中年さん⇒ちみのすけさんに。ちなみにこの日のシューズはアディゼロ サブ2。シューズで威嚇する作戦。でもFさんも同じくサブ2で内心ちょっとだけ恐縮しておりました(笑)。。

 

f:id:Jun_N:20180723125723j:plain

幟は今日も大活躍でしたね!

 

アップヨガは胸式呼吸の練習から。お腹を凹ませた状態で息を吸う・・・これがすでに難しい()。でも心肺機能を高める効果があるらしい。虚弱(?)心肺を自負する自分としては必死にやらない手はない。ってことで腹を凹ませながら何とか胸を膨らませて吸ったり吐いたり・・・できた・・・ような気がする(笑)。

 

呼吸にしてもその後の動きにしても、自分の体をどう動かすかということにフォーカスしてるので、ランニングに限らず運動に直結してる感じですね。ランのフォームで肩甲骨の動きで骨盤を引き出すんです、って言われたって僕には何の事かよくわからないんです()。その辺、ヨガで自分で自分の動きを知る、コントロールする感覚を養えるんじゃないかと。

 

 

ヨガが終わると肝心のリレマラへ!先頭走者を見送るべくトラックに移動します。そしてそこはまさに灼熱。公園よりも圧倒的に暑い。暑さと熱さの両方。例えて言うなら、サウナの暑さに陽射しが追加された感じ()

 

 

f:id:Jun_N:20180723125937j:plain
f:id:Jun_N:20180723130006j:plain
左:競技場内は地獄の暑さ 右:号砲!


先頭は夏の駅伝男petaさん。号砲とともに飛び出し、グイグイ加速してnaotoさんや他の先頭集団を追います。

 

声を張り上げて送り出した後はバタバタのアップ。1kmだけジョグして流しを数本。正直アップ不足なのか暑さなのか、体があまり動く感じはしませんがもはや待ったなし!スタートラインでえいさんを待ちます。と、そこにチームS2走、Fさんがタスキを持って現れる。2走を終えて2030秒程度。恐るべき速さ。待つこと数分・・・鮮やかなブルーのはてブロシャツに黄色のタスキをまとった長身ランナーが競技場に飛び込んでくるのを発見。えいさんです!

 

タスキを受けてスタートラインを飛び出してからタスキの掛け方が良く分からないことに気づきます(笑)。が、何とか無事タスキを付けて今度はGPSをスタートしていないことに気づいたので時計のボタンをポチっ。タスキ、意外と重いんですね。気持ちの面ではもちろん重いのですが、実際の重さも感じます。

 

そのあとの自分の走りの方は、もうあっという間に息が上がってそっからは必死&夢中でしたね。1kmの入りは348で悪くなかったのですが、何とかリラックスしながらスピードに乗ろうと思うもリラックスした瞬間減速していることに気づいてギアを上げざるを得ないという・・・2km4分ちょうどで今回の3km×2回のランで最遅でした。

 

くそっ。こんなはずじゃない。ラスト1kmはこのままじゃいかん!ということで日射しのきついストレートの道を無理やりスパート。呼吸もマックスな状態で公園内を通過。そこで待っていたのははてブロランナーの皆さんによる鼓舞!

 

これが駅伝か!!

 

呼吸は苦しい。苦しいけど、本当にありがたい。テンションマックスでびあーさんにタスキをつなぎました。

 

f:id:Jun_N:20180723130150j:plain

 

1本目が終わり、氷と飲み物でクールダウン。はてブロランナーが通ると鼓舞!無理ない範囲で体を動かす。これを繰り返しているとあっという間に2本目の出番がやってきます。暑いとか疲れたとか、もはや走りに影響はないです。

 

ってことで2本目スタート!2本目のテーマは1km目と2km目の差を少し減らすこと。総合的に1本目と同じくらいのタイムで走り切ること。1km目は1本目と同じパターンで、最初のトラックでスピードを出しすぎる⇒おっとオーバーペースだと思って緩める⇒トラックを出て公園を出たあたりで緩めすぎなことに気づく⇒慌てて追い込む。という感じでしたが、何とか1本目ほど浮き沈みなく乗り切ります。1km3’512km3’55

 

2kmの後半からは出し切るつもりでスパート。呼吸も追い込みます。2kmを過ぎ、最もきつい競技場手前地点。Fさんが応援してくれている!!大声で鼓舞に答えてスパートを維持。そして最後の公園内~トラックへ。もうすぐリレマラが終わる。早く終わってほしいような欲しくないような。やっぱり、終わってほしい(笑)顔をゆがめて持てる力を振り絞ってびあーさんにタスキをつなぎました。

 

 

f:id:Jun_N:20180723130212j:plain

 

レースはその後も多くのドラマがあり、応援あり。テンション高く進み。。。そしてはてブSチームのアンカー、みどるさんが優勝ゴールテープ!!もうね、こうしてこんなに速い人たちと繋がっているってことに感動するレベルです(笑)。だって市民ランナーでキロ3’30切って走る人がいるとか、普通想像できないですよね。そしてその後我らがアンカーのちみのすけさんもゴール。ちゃんとサングラスを外してゴールに現れるなんてさすがスター(笑)!Z4位でした。

 

その後はKana先生のダウンヨガ。ゆっくりと呼吸しながら脱力。昂った神経と傷ついた体を癒します。ランニングのアップとダウンにこんなにフィットするなんて奥が深いんだなぁ。

 

 

お待ちかねの飲み会は、ブログの話あり、レースの話あり、トレーニングの話あり。下世話な話もちょっとあり(笑)。最高に楽しかったです。

 

 

↓が結果です。3走と9走が自分です。2回ともチームで5番目の記録。タイムは期待していたよりも出なかったなぁ。でもこれが紛れもなく今の力。出し切ったので悔いはないです。暑さとか、走ってる間はほとんど感じなかった。それどころじゃなかったです(笑)皆さんのおかげで自分の力以上のものが出たかもしれないです。

 

f:id:Jun_N:20180723142130j:plain

 

 

正直、日々暑い中ヒーヒー言いながら走っていて、そんなに速くなったという実感はないし、今後自分にどれだけ伸びしろがあるか分かりません。今が自分の限界なんてこともあり得るだろうと。それでもこうして速い人と繋がって、少しでもそういった方に近づきたいと思って自分なりに努力することは楽しいし、充実感半端ないですね。もちろんこの先も少しでも走力が伸びていけばもっと楽しいんですがね(笑)

 

そういえば昔NHKに取材されていた80代でサブ3.5(!)を目指すランナーが言ってました。

 

「夢を持ったら青春。今が青春」

 

だと。同感だなぁ。今はこの努力を、もう少し楽しもうと思います。酔っぱらってそんなことをぼんやり思いながらウトウト帰宅してたら電車寝過ごしました(笑)

 

前回のエントリーで書いた通り、痙攣と股関節故障に見舞われた昨夏の孤独なUp Run@大井陸上競技場からちょうど1年。あの時はブログはおろか、ランニングの繋がりなんて全くなく、こんなに楽しい1年後が待っているなんて想像もつかなかったです。今回総指揮を務めてくれたpetaさん、抜群のコンディショニングで好結果と団結力をもたらしてくれたKana先生、暑い中とんでもなく重かったであろう差し入れを持ってきてくれたパパさん、一緒にタスキをつないでくれたチームZの皆さん、ここでは書ききれませんがチームはてブロの皆さん一人一人に心からお礼を言いたいと思います。有難うございました!

 

f:id:Jun_N:20180723142201j:plain