Running my way

2018年8月に一卵性双生児の女の子が誕生!いきなり2児の父になったへっぽこ市民ランナーが、ランに育児に奔走します!

【レポ】静岡マラソン2019 その2~前半戦~

静岡の筋肉痛が残りますが、体全体の重さ、怠さは一日で抜けたので昨日からJog再開。

 

ここ数日はキロ7の疲労抜きJogで様子を見ます。

 

 

レポ続きます!

 

 

スタート~5km(4'58 - 4'16 - 4'10 - 4'10 - 4'06)


※タイムはGarminなので公式記録とは誤差があります。


スタートロスは46秒。


あれ、30kmまでに90秒貯金するんじゃなかったっけ?46秒の借金を返済して90秒貯金するには4'10前後で行かないといけないのか。


なんてことを思いながらスタートラインを超えます。


ロスがどうあれ、結局目の前の一歩一歩を無理なくリラックスできる範囲でなるべく速く走るという基本は変わらないので、あまり気にしないように。


スタート直後はGPSがあまり効かないので体感でペースを調整。どんどん追い抜いていく猛者たちをぼーっと眺めながら脚を動かす。


体は滑らかに動いているか。無理してペースを上げていないか。呼吸は余裕があるか。一つ一つ自分の体と対話しながら確認。


10m前くらいにnaoさんがいるのが分かる。だんだん全身に血が巡って体が運動モードに入るのが分かる。


5kmの通過は電光掲示板で22分。5km21分の予定が1分のビハインドですが、走り始めてしまえば競う相手はタイムではなく自分。慌てても仕方ない。


この緩やかな下り坂だった最初の5kmが、最遅のペースでした。


5km ~ 10kmまで(4'09 - 4'09 - 4'07 - 4'09 - 4'14)

 

ジョグ気分は続く。後で見るとこの区間は緩やかな登りだったみたいですね。全然気づかず。。日向だったり日影だったり、日向はちょっと暑いかな~という感じ。


一定の間隔で体感的な楽さはやや変化しますが、ペースに一喜一憂しない、息をゆっくり大きく吸って吐く、全身リラックスして特にひざ下は全く力を入れないこと。あたりを意識して走ります。

 
どのくらいのペースで走ればどこまで持つのか。この判断って難しいですよね。

 
練習で30km走れたら本番同じペースで42km走れる!とか、もしくは練習30km走ったペースの5秒落ちなら行ける、とか。人それぞれ基準はあると思います。

 
僕の場合、30km走を一回やっただけだったので、その30km走のときよりも「体感でやや楽」なペースを目指します。

 

11 ~ 15kmまで(4'06 - 4'08 - 4'11 - 4'06 - 4'14)

 

11 ~ 15km区間で少しキツくなるのはいつも通り。このキツさは脚が疲れているせいではなく、脳が走ることに飽きてきたサインと受け取っています(笑)

 

対処法もいつも通り。体を少し冷やす。給水の時に手袋に水をかけ、時折濡れた手袋を額や首筋に当てます。

 

これですっきり。

 

この区間は何と言ってもスライド。

 

スライド区間に入ってすぐ、知り合いを見つけるため中央よりに位置取りを変更。

 

すぐにふらっとさんが通り過ぎます。何か誰かとしゃべってたような。。すごい余裕だ。

 

はてブロメンバーはいないかな~と探しているとちみさん発見。向こうから大声で呼んでもらってこっちも返事。元気が出る。ありがとう。

 

続いてpetaさんもエール交換。toshiさんは見つけたが走りに集中していた様子。

 

折り返してnaoさん、kojiさんも発見して声かけ。

 

 

この日朝から気になっていたことが一つ。ふくらはぎ上部に、攣った後に残るような筋肉痛のような痛みがあったんですよね。

 

僕は元々攣り体質。

 

シューズをズームフライにしてからめっきり攣る気配が出ることもなくなったのですが、42km走るのに攣りは大敵。

 

 

15kmを前に、予防のため「2RUN(ツゥラン)」を摂取しておくことに。

 

 

こんなやつです。

 

f:id:Jun_N:20190226122336j:plain

 

この中にタブレットが2粒入ってるのですが、走りながらこいつを袋から出すのに一苦労。破ってひっくり返しても出てこず、最後は歯で何とか掻き出しますが、おかげで息は上がるわペースは落ちるわで散々な目にあいましたわ(笑)

 

しかも無情にも2粒入りのうち1粒が地面に落下・・・涙

 

2 RUN、もう一袋持ってましたが使わないことをこの時決意します。

 

15km ~ 20kmまで(4'10 - 4'10 - 4'04 - 4'08 - 4'03)

 

15kmでメダリストアップルを補給。モルテンでエネルギー不足は問題ないはずですが、気持ちのリフレッシュが必要なのです。

 

1kmに一度深呼吸。腕をだら~っとさせたり脚に力が入っていないことを確認したり。

 

この辺までくると、「このペースで少なくとも後10km、15kmは余裕行けそうだ」ってのが分かってきて、だいぶ気が楽に。

 

4'05を切るラップが出始めますが、オーバーペース感も無いのでそのまま進みます。後で見るとこの辺はやや下ってたみたいなので、無理に減速しなかったのは正解ですね。

 

 

 15km付近で2 RUNを摂取したはずではありますが、ふくらはぎ筋肉痛が気になるような気にならないような。

 

おそらく気のせいなのですが、やれることはやっておこうと。ポケットに忍ばせた秘密兵器を取り出します。

 

はてブロご用達の攣り防止サプリ(?)といえば・・・そう、これです。

 

f:id:Jun_N:20190227122949p:plain

https://www.matier.co.jp/product.htmlより

 

つらーず!! 昨年のはてブロランナーズ納会でサンプルを頂いていたもの。

 

そのまま飲むのはどうなのか、とも思ったのですが意を決して口に流し込みます。

 

しょっぱい!苦い!!海水を3倍濃縮したような味(笑)

 

※良い子の皆さんは水に混ぜて飲みましょう。今考えれば当たり前ですね。僕がアホでしたわ。

 

これ以降、ふくらはぎが気になることはありませんでした。

 

つらーず最高!!

 

 ・・・続きます(次回はゴールまで)