Running my way

2018年8月に一卵性双生児の女の子が誕生!いきなり2児の父になったへっぽこ市民ランナーが、ランに育児に奔走します!

アクアラインレポ(下)

アクアラインラソンから3日。まだ右足首の痛みから走れる状態では無さそう。少しずつ良くなるといいな!

 

ではレポ行きます。

 

--

16km - 20km : 4'46 - 4'34 - 4'33 - 4'35 - 4'38


登り坂が終わると折り返し。折り返してすぐにまた同じ坂を上って下りる。ここからは追い風区間、ボーナス区間ですね。


景色良し、地面も硬くて反発もあってスピードに乗れるぜ!ひゃっほ~!!みたいな感じでみんなガンガン走るので自分も流れに乗ります。頭の中ではマリオカートでスターをゲットした時の音楽が鳴り響く(笑)

 


18kmを過ぎるとアクアラインは終わり。スターの効き目も終了して普通のマリオに戻ります。

 


が、この辺はハーフの参加者がスパートをかける区間。周りは全く減速する雰囲気もないのでそのままの勢いで。みんなはえーなぁ。

 


そしてハーフとフルの分岐点。左に曲がると天国のゴール。飛ばしてた人はみーんな左折。右に曲がって取り残されたのは深夜残業中のサラリーマンばりに疲れ切ったランナーたち。待ち受けるは地獄の残り22km。。

 

21km - 25km : 4'41 - 4'38 - 4'35 - 4'34 - 4'32

 

20kmを過ぎてすぐにハーフ地点。こっから先は練習でここ半年ほとんど走ってない距離。とは言いつつ体感キロ5弱のペースは淡々と維持します。

 

 

後半は前半と違って向かい風はほとんど感じず。かわりに暑さがジワジワと体力を奪っていく感じ。23、24、25と距離が進むに連れ、残り20km近く残っているという事実に気が重くなってくる。

 

26km - 30km : 4'45 - 4'38 - 4'32 - 4'43 - 4'48

 

25kmを過ぎてもペースは落ちず。ただ1kmごとにしんどさは増していきます。このままで脚が持つんだろうか、とか、一回ペース緩めて様子を見たほうがいいんじゃないか、とか。いろんなネガティブ思考が頭を支配し始める。

 

自分の中ではここでも体感キロ5弱なのですが、実際にGPSの結果を見ると4’30台で走ってるラップもあったり。結果論としては20kmから30kmの間はあんなに無理して力を使うことはなかったです。

 

30kmの通過は2時間21分。この時点ではサブ3.5どころか3時間20分が切れそうなタイムでした。。

 

31km - 35km : 4'46 - 5'20 - 5'00 - 5'27 - 6'05

 

30km手前から繰り返してきた自問自答。

 

このしんどさはいつまで続くんだ。後12kmもあるじゃないか。こんなの耐えられるのか。

 

なんでファンランで来てこんなにしんどい思いしてるんだ。

 


そういえば故障の調子はどうなんだ。こんなに頑張って悪化しないのか。

 


普段のマラソンであれば、

 

ここが頑張りどころだ。こんなに練習してきたじゃないか

 

このくらいのしんどさは練習でも経験してるから想定内だぞ

あとこの距離をこのペースで行ければこのくらいのタイムでゴールできるぞ。

 

と自分を鼓舞できるのですが、今回は自分を支える練習量もない、きつさもしばらく経験してない、今のタイムもペースも分からない、ということで弱さの方がだんだん勝ってきます。

 

そして32km。心が一瞬折れてスロージョグに。

 


一瞬折れるも何とか立て直してペースを戻して先に進む。その後も、心が折れる -> 一瞬スロージョグになる -> 3秒で復活して立て直す。というのを繰り返しつつ脚を前に運びます。

 


34kmの長い坂を乗り切った35km付近。

 


ここは普通にハムが攣りました(笑)仕方ないので一旦立ち止まって攣りが引くのを待つ。幸いなことにここから先は痙攣は収まりました。

 

36km - Goal : 5'42 - 5'09 - 5'59 - 5'37 - 5'31 - 5'20 - 5'16 - 1'11

 

ハムが攣った直後はスロージョグまでペースを落とします。もう一度攣る感じではなかったので何とか気持ちを立て直して徐々にスピードを戻す。

 

以降ふたたび、一瞬心が折れてはスロージョグを挟んで立て直して、というのを延々繰り返します。そのうち痛めていた腸脛の痛みも本格化してくるので、時折マッサージしたりね。

 

でもこれは辛いから、止まりたいから痛く感じてたんだと思います。ベストを出したはなももの膝の痛みはこんなもんじゃなかった。10kmで痛み始めてそっから30km耐えきって、走り終わったら脚が1ミリも曲がらなかった。でも絶対ベスト出すぞって思ってたから耐えきったんだと思います。

 

今回はその強さは無かった。だからダメージも最小限だったとも言えますが。。

 

38kmあたりでサブ3.5のペーサーに抜かされる。

 

サブ3.5もダメなのか!!

 

と更に意気消沈。ところがしばらく行くと40km付近でサブ3.5のペーサーが脚を止めてランナーに声掛けしているのが目に入る。

 

さすがにペーサーがサブ3.5を達成しないってことは無いよな。ってことは今もしかしてまだサブ3.5達成ラインに残ってるのか?

 

40km時計を見ずに走って。ここで初めてポケットから取り出して時計を確認。

 

3時間16分。残り約2キロ。

 

行けるじゃん。

 

ってかペーサー。。。貯金作りすぎだろ。

 

時計を見ない宣言はどこへやら。ラスト2kmは時計と睨めっこ(笑)

 

 

ひーひー言いながらゴールに駆け込みました!

 

 ゴール後はびあーさん弟と合流。すぐにびあーさんもゴールされて、3人で乾杯!!びあーさんの弟さんはビールは飲まないようでした。「びあー家」とは呼びづらいな(笑)

 

ゴール後は気温も高くて日差しも強くて暑かったですが、その分ビールも美味しく、アクアラインのキツさやつくばの展望で盛り上がりましたね。有難うございました!



ということでレポは以上です。まとめを書くかもしれないし書かないかもしれない。